読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤計劃記録 はてな版

『虐殺器官』『ハーモニー』『屍者の帝国』の劇場アニメ化を記念して、伊藤計劃氏の生前のブログから精選記事を抜粋公開します。

ほんの話

オタとしてのスピルバーグ    

 実は、このオッサンが怪獣映画に興味があるなどとは、考えたことがなかったのだ。そりゃ、ゴジラぐらいは見ているだろうけど、この人の映画って「サブカルっぽいものへの愛着」を感じたことがなかったんですわ。

 この人がWWIIヲタで飛行機ヲタあることは「1941」の前からわかっていたことで、クラシックな戦争マニア、現代戦にはあんまり関心のない類いの戦争ヲタなことは確実なわけです。てか、今回の宇宙戦争で軍隊が活躍しているシーン、戦車とかヘリとかは現代のものなのに、なんかクラッシックで、私にはどうにも現代戦というよりWWIIにしか見えない。

 それ以前からやっていたのかも知れませんが、たとえば「マイノリティ・リポート」に登場する偽ID「ヤカモト氏」はもちろんパイソンズの「偽ヴィスコンティの日本人」からとられたもので、このとき私は「こういう元ネタギャグって、なんだかスピルバーグらしくねえなあ」と思ったのでありました。スピのヲタ関心領域とは違うような気がしたんです。「マイノリティ~」が東京国際映画祭に出品されて来日したときのインタビューで、パイソンネタを喋っていたので、真正パイソニアンの可能性はあります(まあ、向こうでは基礎教養、という可能性もあるのですが、しかしやはり『目玉ギャグ』はパイソンっぽい)。

 そして今回、スピは「怪獣映画」という私は正直予想していなかった(というか、勝手に「スピの趣味じゃねえだろう」と思い込んでいた)引き出しを開けてきたわけです。今回、スピは来日したとき「大阪はガメラをはじめ、いろいろな日本のモンスターを倒している経験豊富な場所だ」と語った、というニュースが流れましたが、これ実はスピルバーグ、ガメラではなく「ゴモラ」と言っているのに、怪獣の素養のなかった記者(ガイジンに自国文化を教えられることの切なさよ)が「ガメラ」と書いた、という説もあり、そうなるとこのおっさんの引き出しはほんと恐ろしいことになっているわけですが、この歳になってこういう引き出しを見せてくるのがなんか底しれない、というか無気味です。

 

Reading Baton

id:crow_henmiさんからいただきました、奇をてらわず、オーソドックスにいきたいと思います。 

今部屋の棚に並んでる蔵書の冊数
わからんす。一列の冊数×棚数の計算上では600冊くらいだと思います。 

最後に買った本
西村書店のレンブラントの画集。と思ったらSFマガジンだった。冷戦モノが多くて今月号は俺的ヒット。ストロスの「コールダー・ウォー」はスターリングの「考えられないもの(『タクラマカン』収録)」+バクスター「軍用機」みたいで痺れる。 

今読んでいる本
 昨日買ったSFマガジン。雑誌じゃなければ、中原昌也の「続・エーガ界に捧ぐ」

よく読み返す本、または自分にとって特に思い入れのある5冊

・「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブスン

中学生のときに初版で読んだ。「俺は今、えすえふ小説を読んでいる」と自覚して読んだ最初の本。これが自覚的に読んだ「小説」初体験でもあるので、世間で言われる黒丸さんの読みにくさというのはさっぱりわからない。てかむしろ読みやすかった。読みやすくてカッコよかった。

・「身体の文学史」「日本人の身体観の歴史」養老孟司

別々の本だけど、私はこの2冊はセットになっていると勝手に思っているので。「バカの壁」なんて読まずにこれを読んでほしい。てかこれ読むだけでじゅうぶん。「日本人の~」冒頭で立花隆をメタメタにする部分はいくら読んでも泣ける。

・"Batman : Arkham Asylum"Grant Morison & Dave Mackean

いつも眺めてる。

・「ディファレンス・エンジン」ウィリアム・ギブスン&ブルース・スターリング

1年に5回は読んでる。

・舊新約聖書

クリスチャンではないけれど、むかし菓子欲しさに教会に通ってはいた。なんか書くときカッコつけたいので暇なときはいつも読んでる。なぜ(訳としては怪しい部分が多々あるにもかかわらず)文語訳の舊新約聖書かというのはもちろん、カッコつけたいというのが動機だから。まあ、読み物としても楽しいんですが。

 

2005年7月4日 伊藤計劃

引用:http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/200507